top of page

2022年、今年もありがとうございました。



今年もあと数時間となりました。

今年を振り返りたいと思います。





仕事面ではホームページを作成しました。

Blue cafeの大谷さんの力をお借りして、一月から二人三脚で作りました。仕事を振り返り今後どうしたいのかを考える良い機会になりました。





まだまだ課題はあり、来年に持ち越したこともありますが、大谷さんにたくさんの気付きを頂き、やってきたことの集大成が作れたと思います。






6月には大好きだった義父が亡くなりました。




父が最期まで気にかけていた母のことを、離れて住む私達がどうやって見守っていくかを主人と義妹と三人で話し合い、86歳でLINEデビューしてもらい、毎朝4人で近況をラインをしています。





不思議と心の距離が縮まり、「気にかけてくれてありがとう」「元気でいてくれてありがとう」とお互いに感謝の気持ちが持てるようになった気がします。





「人こそ人の鏡」という言葉の意味を実感しました。

これも父が家族を繋げ、教えてくれたのだと思います。





そして11月に私の母の3年越しの分骨が叶いました。

母が生前、奈良の地に分骨してほしいという願いを兄弟姉妹で揃って叶えてあげることが出来ました。

色々な長年の荷をやっと下ろせたように思え、晴々とした気持ちになれました。





今年は、まだまだだな〜私!ということを多々見せられた一年でしたが、その都度「これは何を教えてくれているのか?」と考え省み自分なりの答えを出してきました。


 



本当にその答えが合っているのか分かりませんが、自分なりの答えを導き出すことで、行動に移すことで新たな気付きがありました。




来年も一歩ずつでも今の自分よりも前進する。

凹んでもその努力を惜しまないように行動に移したいと思います。






皆様、今年もたくさんお世話になりありがとうございました。

佳いお年をお迎えください。


 








閲覧数:1回0件のコメント

Commentaires


bottom of page