top of page

使えるタイツの色とデニール(厚み)の特徴


昨日、今日と一気に寒さが厳しくなりましたね。

瓦礫の上に降り積もる雪の映像や被災されている方のことを思うと胸が痛くなり「これくらいの寒さで有難い」と心から思います。

北国の被災地が1日でも早く暖かい日常が戻りますように。





さて、この冷え込みでタイツを履く機会が増えてきました。

少しずつタイツの厚み(デニール)が上がってきているのではないでしょうか?




デニール毎の特徴としては…

(オンカラー調べ)


◼️40デニール

透け感があり美脚効果が大きい厚みです。

膝下スカート、パンツの重ね履き、パンプスに合う厚みのタイツです。



◼️60デニール

程よい透け感と暖かさのある厚みでバランスの良いタイツです。



◼️80デニール

透け感は抑え気味で暖かさ重視の厚みです。

発熱タイプによく見るテカリの少ないマットなものがお勧めです。



◼️110以上のデニール

暖かさ重視!冷え性の方にお勧めです。

起毛したものは、より暖かいです。

今はマキシ丈やシーズンレスな薄い素材が流行っているので、上手く忍ばせて活用しちゃいましょう!




そして使えるタイツの色ですが…

お勧めはこの4色。

※画像はタビオ様よりお借りいたしました。



左上から時計回りで…

Dダークグレー、ダークブラウン、ブラック、紺。

この4色あれば上手く馴染んで配色出来ます。




次回はタイツの配色についてお話ししたいと思います。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page